[郷愁を誘う音楽]

今日はオフ。
なので、朝はゆっくり起きる。
昼を過ぎた頃、何をしようか考える。

ここのところ出張続きだったので、ちょっと疲れ気味。
故に、外出欲メーターは、ほぼゼロを指している。
外を見ると、今にも泣き出しそうな空模様。

ということで、家でのんびり音楽鑑賞をすることに決定。

では何を聞こう...CDラックを見ながら考える。
クラシック...って気分ではない。
じゃあ、ジャズ...うーん、これも違うなぁ。
歌ものは端からパス。

・・・

そんなこんなで、結局手にしたのはこれでした。


e0011761_154976.jpg[GAMELAN DEGUNG]
BULAN DAGOAN/GENTRA PASUNDAN

インドネシアはスンダ地方(ジャワ島の西側)に伝わる音楽「ガムラン・ドゥグン」。
暑く、そしてジメジメした日には、やはり似たような気候で生まれた音楽が合います。



このCDの良いところ。それは「力まずに聴ける」ところでしょうか。
テンポはスロー。さらに、装飾音が少なく目立った展開もありません。
とにかく刺激が少ないのが特徴です。

同じガムランでも、バリのものだとその激しいリズムにどうしても気分が高揚してしまいますからね。今日のような、ユルユルとのんびりしたい時は、抑揚の少ないジャワ・ガムランの方がフィットします。

・・・

初めてこのCDを聴いた時は、単調でとても退屈に感じました。
故にその時は「やはりガムランはバリに限る」なんて思ったものです。

しかし...

何度か聴く内に、私の考えに変化が生じました。
バリ・ガムランには無い、不思議な魅力を感じ始めたのです。
その不思議な魅力の正体とは何か。それは、得も言われぬ「郷愁感」でした。

・・・

ブックレットを読むと、「ドゥグン」に使われている音階は、西洋音楽で言う「2音」と「6音」を抜いたようなもの...と書かれています。

2・6抜き音階は「わらべうた」や「平安時代の風俗歌」など、日本の古典的な音楽に何かと使われてきた音階と言われています(良く耳にする「4・7抜き音階」は、実は歴史が浅く、明治期に西洋音楽が入ってきた際、折衷案的に作られてしまった音階なんだそうです)。

ということは...

このことを知った時、私はこう思いました。
もしかすると、自分はドゥグンに「先人達が耳にしていた音階」を感じとっていたのかもしれないな、と。

・・・

わらべうた、沖縄民謡、そしてジャワ・ガムラン。
どれも、聴くと何となく郷愁を覚えてしまうのは、そんな理由があるからなのかもしれませんね。


* おまけ *

ある本によれば、日本人は、西洋音楽と日本の伝統的音楽の間を行ったり来たりした後、ある時代から、伝統的な音感「2・6抜き音階」に戻りつつあるのだそうです。
確かに、昨今の沖縄系音楽のブームを考えると、何となく合点がいきます。
(沖縄の音楽には、この「2・6抜き音階」が使われている)





とは言え、やはり元気な時はリズミカルな音楽も聴きたくなるもの。
そこで、ここで、バリ・ガムラン関連のCDの中からオススメのモノを幾つかご紹介したいと思います。


e0011761_1542980.jpg[GAMELAN GONG KEBYAL] JVC
(燦然と神秘のガムラン)

優れた創作曲が目白押しで、ガムラン音楽を聴きこなした者をも飽きさせません。
とにもかくにも、スーパー・グループ「ヤマ・サリ」の超絶的な演奏は一聴の価値有り。




e0011761_1544934.jpg[resonance MEDITATION] JVC

バリ島で「最高の響き」と称される伝説の楽器「Gamelan Gong」の音色は必聴(らしい)。
録音が素晴らしく、臨場感たっぷりなので、オーディオ機器に自信ありという方には特にオススメ。




次は、度々紹介している「ジェゴク」に関するモノを幾つかご紹介。


e0011761_1555494.jpg[BAMBOO TRANCE] crepuscule au japon ltd.
度々紹介している、スアール・アグンのライブ(1999)。 選曲のバランスが良いので、ジェゴクって何?と言う初心者の方に最適の一枚。4・5曲目のムバルンは聴き所だが、実際に体験したことがないと何の事やらと思うかも。個人的には6曲目がオススメです。
会場の異様な盛り上がりが凄い!(残念ながら、このライブには行っていません)


e0011761_1553518.jpg[JEGOG OF NEGARA] KING RECORDS

こちらの方が簡単に入手出来るので、手っ取り早く聴きたいという方は特にどうぞ。
とにかく1曲目がオススメ。熱くて格好いい。
音量が大きいと壁が共振します。密閉型ヘッドフォンで聴くと...
オーディオの能力が試されます。


e0011761_1561047.jpg[Dance & Gamelan Music From Bamboo "JEGOG"]
現地にてスアール・アグンの演奏を聴いた方は一度は目にしているであろう一枚。
録音状態はあまり良くないが、何故か直ぐそこで演奏しているかのような臨場感あり。
団長のスゥエントラ氏の功績に敬意を表して。
[PR]
by taka-sare | 2006-08-17 23:59 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)
<< [変わらぬ日常の味] [心太屋台] >>