[続 達人の珈琲を飲んでみました]

e0011761_237159.jpg
[達人の珈琲 Latte Macchiato]

左は第一弾
「達人の珈琲 Espresso Macchiato」


もうご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、近頃、「達人の珈琲」の第二弾がミニストップにて販売されました。
ちなみに、私は店頭ではなく、人気ブログ「日刊ドリンク」さんの記事で知りました。




思えば、(事実上)初めて投稿したのが「達人の珈琲」についての話でした。
あれからもうすぐ一年か...月日が経つのは早いものです。

もしあの時、達人の珈琲との出会いがなければ、「日刊ドリンク」のxenical2000さんや、達人・門脇さんが淹れた珈琲との出会いは生まれなかったかも知れません。

この商品が二つのストーリーを生み出したのかぁ。
そう思うと、何だかただのドリンクとは思えなくなってきます。
たかがドリンク、されどドリンク...これこそまさにタカサレです。

思いが先行してしまいそうなので、味についての感想は敢えて述べないことにします。まだ飲んでいない方で興味がある方は、どうぞお試しあれ。
ちなみに、第一弾の「Espresso Macchiato」ですが、今販売されている商品は、風味の構成が変わりました(私見ですが、今現在のモノは一般的に好まれる風味に傾いたように思います)。
私は以前のモノの方が好みですが、これは嗜好の問題なので、善し悪しは皆さんで決めて下さい。

商品に関する情報は、「日刊ドリンク」に詳しく掲載されていますので、どうぞそちらもご覧になって下さい(毎度テーマを設けて、新商品を丁寧に紹介するxenical2000さんには、ただただ感服するばかりです)。


* 過去の関連記事(タカサレ) *

達人の珈琲を飲んできました 前口上
達人の珈琲を飲んできました 前編
達人の珈琲を飲んできました 後編

・・・

去る3月17日。門脇さんは、「ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ (JBC)2006」の決勝ラウンドに進むも、残念ながら優勝を逃してしまいました。(それでも準優勝なのはさすが。ちなみに弟さんは4位。相変わらず門脇兄弟は凄い!)

門脇さんは表彰式の挨拶で、「ますます技術が上がってきて、勝つのも至難になった」と述べたそうです。

昨年、島根のサルビア珈琲(門脇さんのお父さんが経営)に立ち寄った際、「本人は世界優勝するまでやりたいんだと思います」と仰っていたことを考えると、今回の結果は本当に残念だったに違いありません。ただその一方で、「日本のエスプレッソ珈琲が世界に誇れるものになってきた」と喜んでいるような気がしてなりません(とても勝手な推測ですが)。
なんと言っても、今回この結果が生まれたのは、トップを走り続けてきたお二人(横山さん、門脇さん)が、この業界を牽引してきたからこそなのですから。

・・・

来年の世界大会は、日本開催なのだとか。
三度目の正直...次回こそ夢が叶えられるといいですね。

今年のチャンピオン・竹元さんの、世界大会(スイス・ベルン)での活躍と共に、陰ながらお祈り申し上げます。


* 参考 *

今年のJBC優勝者は、九州地区代表でJBC初出場の竹元俊一さん(ヴォアラ珈琲)。ちなみに、過去(2005年以前)5回開催されたJBCで優勝したのは、第一人者・横山千尋さん(デル・ソーレ)(優勝2回)と、門脇洋之さん(カフェ・ロッソ)(優勝3回)の2人だけ。

今大会、司会進行役をつとめた横山さんは、日本人初のイタリア認定のバリスタで、ジェラートでも有名。門脇さんはパティシエとして自身のお店でスイーツも制作。
[PR]
by taka-sare | 2006-05-10 03:10 | 飲む・食べる・呑む | Comments(7)
Commented by xenical2000 at 2006-05-10 22:56
TBありとうございました。でもこうやって好きなものが飲めることは
お酒であれ珈琲であれ…とても幸せなことなのですね。
Commented by taka-sare at 2006-05-11 01:50
>xenicalさん こんばんわ。
こちらこそ、丁寧かつ沢山のコメントありがとうございます。

生きていく中で選択が出来る...ということがどれだけ幸せなのか...
当たり前にならないよう、心に留めていきたいと思います。
Commented by 山下大輔 at 2006-05-14 22:55 x
達人の珈琲……かなり興味をそそられますね~。しかし、松江は遠いです。親戚もいないし、なかなか行く機会が作れなさそうです。せめてドリンクは買ってみようかな……。
いささか不勉強なので、デル・ソーレ、ヴォアラ珈琲、いずれも知りませんでした。デル・ソーレは、いずれ行ってみようと思います!
しかし珈琲、思っていたよりも奥が深く、未だ僕は入り口付近でウロウロしています。先が見えないので、さらに進むのが怖いぐらいです(笑)。
Commented by taka-sare at 2006-05-15 03:39
>山下大輔さん
関東に住む者には遠いですよね〜。島根県は。
でも無理して行く価値はありますよ。門脇ファミリー(父、兄、弟)のお店巡りもさることながら、出雲大社、松江城(現存天守閣は見事)、武家屋敷、たたら製鉄(これは行っていません)等、日本の歴史が堪能できます故。また、自然観察もとても面白いです。機会があれば是非!(参考:渋谷から夜行バスが出ています)

不勉強ではないかと...。おそらく普通は知らないと思います。
横山さんのジェラート屋(ピッツァ、エスプレッソもあり)は大宮そごうの地下にあったのですが、最近無くなりました。

私の経験から言いますと奥はとっても深いです。だんだん訳が分からなくなります。ですから、今の時点でエスプレッソまで手を出すと、琥珀の液体に溺れてしまいますよ!(笑)なので私は、ドリップ珈琲ほどは深入りしていません。エスプレッソ珈琲は(今のところ)。

初めから懲りすぎると、その内楽しくなくなって(そして面倒になって)しまうので、先ずは気楽に...で宜しいかと。ちなみに私は、未だ先は見えていません。おそらくこの先もずっと(笑)
Commented by taka-sare at 2006-05-16 01:45
>山下さん
コメントに「不勉強ではないかと」と書きましたが、これは「いえいえ全然不勉強ではありませんよ!」という意味です。書き方を間違えました。
今、書きなおせないので、後日訂正します。(訂正しましたらこのコメントは削除します)
Commented by 山下大輔 at 2006-05-16 08:08 x
そっ、そんな、タカサレさん!お気を使わないで下さい!むしろ、いつもの細やかなお心遣いに感謝とともに、心から頭が下がります。しかし島根県、観光地としても面白そうですね。僕は日本人なのに、日本の良さを知らないままなのが悔しい限りです。
珈琲はまず、1年以上かけて(いや、2・3年以上は必要?)、じっくり入り口付近を探索しようと思います。入り口を隅から隅までチェックだ!
Commented by taka-sare at 2006-05-17 00:20
>山下さん
こちらこそお気遣い感謝です。ではお言葉に甘えそのままにさせて頂きます。
<< [A・Z・E] [ろくでなしブルース] >>