[ガッツポーズ]

今日、4月11日は「ガッツポーズの日」。
実は今日、初めてその事を知りました。

・・・

1974年(昭和49年)4月11日に東京の日大講堂で行われたボクシングWBCライト級タイトルマッチで、挑戦者のガッツ石松がチャンピオンのロドルフォ・ゴンザレスに対し8ラウンドKO勝利した際に、その時両手を挙げて勝利の喜びを表わした姿を、新聞記者が「ガッツポーズ」と表現したのが始まりとされている。この事柄から、4月11日は「ガッツポーズの日」と呼ばれている。(Wikipedia)

なるほど。ガッツ石松に関係していたのですね。
…と思ったら、次のような続きがありました。

日本でボウリングブームが起きた1960年代半ば頃、ボウリングでストライクをとった時に、このガッツポーズ(この時点では、まだ命名されていない)する人が増えて広まっている。そして、1973年にボウリング雑誌『ガッツボウリング』の誌上にて、このポーズが紹介され、この時既に「ガッツポーズ」と言う言葉が掲載されていた。これが「ガッツポーズ」の起源という説もある。(Wikipedia)

一般的に(?)、「ガッツポーズ」という言葉は、ガッツ石松の試合から生まれたと認知されているようです。しかし年代から見ると、ボウリングから生まれたもののようです。まぁ確かにストーリー性やインパクト等を考えると、前者の方が記憶に残りやすかったのでしょうね。


*ガッツポーズ*

ガッツポーズとは、喜びのポーズのひとつ。拳を握り、両手もしくは片手を掲げることで表現され、スポーツなどで勝利した時や、良い成績を残した時によく見られる。『ガッツポーズ』という言葉は和製英語であり、そのまま英語としては通用しない。(Wikipedia)
[PR]
by taka-sare | 2006-04-11 23:47 | 雑感 | Comments(0)
<< [NOと言えない日本人] [色々な春を見に] >>