[食の原点回帰]

時は一ヶ月ほど前に遡りますが、我が家に新たな調理道具が仲間入りしました。

e0011761_0535841.jpg
[鰹節削り 木屋]

これは、とある贈り物のお返しにと(目上の)知人から頂いたものです。聞けば、以前から我が家にプレゼントしたいと思っていたとのこと。





実は、鰹節削り器は、これまでに何度も買おうと手にとっては「そのうち」と先伸ばしにしていた調理器具の一つでした。それだけに、言葉にならない位嬉しい贈り物となりました。感謝。

・・・

昨日は仕事がオフだったので、夕飯時にこの鰹節器をデビューさせることにしました(用事が色々と重なったこともあり、頂いてから昨日まで、一度も使っていませんでした)。

カンナの刃は髪の毛一本程度を出して...鰹節は頭と呼ばれる部位を手前に...角度は40度にして...等々、鰹節削りにおける基本事項を確認・反芻しながら、鰹節削りを開始。初めは削り面が出来上がっていないこともあり、ゴリゴリ音が混ざり削られたモノも粉状になってしまいましたが、削り面がフラットになるにつれ、削る音が「シュッシュッ」と小気味良く響き始めました。手にも鰹節が「削られている」手応えが伝わってきます。病み付きになりそうな、非常に心地よい感覚です。刹那、中学生の頃、木材をカンナがけした時の感覚が蘇りました。

・・・

この日の味噌汁の出汁は当然「削り立ての鰹節」と昆布。具材は豆腐とネギ。豆腐は安売りしていた男前豆腐を。味噌は、以前長野を訪れた際に見つけた「素材から製法までこだわって作った(らしい)味噌」を。折角なので、ご飯は土鍋で炊くことに(もちろんおかずも作りましたが、今回の主役は味噌汁なので紹介・説明は割愛)。

さて、そのお味や如何に...逸る気持ちを抑え、先ずは味噌汁を一口。
うん。出汁の風味が上品です。米の炊き具合もいい具合。上出来上出来。
次に、残った削り節をご飯の上に乗せ、醤油をサッと一回しして食べてみることにしました。そうです、所謂「ねこまんま(注:味噌汁かけご飯という説もあり)」です。これは間違いなく旨い。ネコでなくとも大満足です。
そして次に、実家から頂いた美味しい卵があったので、定番・卵がけご飯にして食しました。醤油は三ツ星醤油で。結果は...ご想像にお任せします。

この後、作ったおかずを食べようとしましたが、もう上記のメニューだけで十分でした。なので、おかずにはほとんど手をつけず、翌日に持ち越すことにしました。

最後に、土鍋にはり付いた「おこげ」を剥がし、醤油をちょいと漬け、それを肴に芋焼酎(西海の薫 原口酒造)のお湯割りをチビリチビリと...
いやぁ、たまりません。
満足。


* 追記 *

贈り物に同梱されていた手紙には、ただ一文、こう書かれていました。

「おのが身を 削り極めん 味知の道 尽きることなし 滋味の深さよ」

なるほど。これは人生にも通じるような気がします。
料理のみならず、人生も味のあるものになるよう、日々精進したいと思います。
[PR]
by taka-sare | 2006-04-04 04:57 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)
Commented by ハムタカ at 2006-04-05 04:48 x
わが誕生日に掲載してくれて感謝。四四粉人(獅子奮迅)のご様子眼に見える如し。
「この上は 腕上げ磨け 男前 美酒美味満足も ツマあればこそ」
Commented by taka-sare at 2006-04-08 03:13
>ハムタカさん
「春の日に 香り漂う 花かつお 」
今年の花見は、桜ではなく鰹になってしまうかもしれません...
Commented by 蕎麦きり さいとう at 2006-04-11 00:39 x
「ためいきは 命を削る かんなかな」
「酒は命を削る鉋」だなんて、なにかとネガティブな扱いをされる鉋。
鰹節は鉋あってのものです。失礼な!
くれぐれも手指爪を削ってしまわぬようご注意!
TBしました。
Commented by taka-sare at 2006-04-11 01:57
>蕎麦きり さいとうさん
TB&コメント、ありがとうございます。
まったく仰る通りです!いくら技術と知恵が凝縮された食品だといっても、鉋があって初めてその真価を発揮出来るわけですからね。

怪我をせぬようにとのお言葉、肝に銘じます。
しくじればそれこそこの身を削ることになりますから。
<< [トンネルを抜けると・・・] [春の風物詩(上北編)] >>