[想定の範囲外 〜注意を促す看板 その2〜]

つい先日のこと。某所のつづら折りの道を運転していると、目の前に、何やら注意を促す看板が目に入りました。


e0011761_13551814.jpg



そこは、ちょうど上り坂から下り坂に変わるところでした。
私は、「きっと、”対向車に注意”といった類の看板だろう...」と予測。
速度を落とし、注意を払いました。

しかし...




e0011761_1352404.jpg

 
...パラグライダー!?


そこには私の想像を超える内容が記されていました。

以前見た「花咲爺さんに注意」の看板にもかなり目を奪われましたが、今回の看板も負けず劣らず私の目を奪ってくれました。
しかしまぁ「飛んできますので」と言われましても...ねぇ。

・・・

学生時代、友人からこんな話を聞いたことがあります。

「夕方頃に市街地を運転していたら、突然目の前に子供が降ってきてさぁ(筆者注:突然子供が塀の上に現れ、道路側に飛び降りてきたとのこと)。もう駄目だと思ったから、壁に激突するのを覚悟でハンドルを切ったよ。車は大破したけれど、子供に怪我が無くて本当に良かったよ」

友人は、さらに続けてこう言いました。

「前後左右ならともかく、まさか上から飛び出してくるとは...教習所では教わらなかったもんなぁ(苦笑)」

・・・

この話を聞いてからというものの、私は、人(花咲爺さんは除く)や動物等、あらゆる飛び出しに注意を払いながら運転するようになりました。がしかし、さすがにパラグライダーまでは想定していませんでした。
山間の道は、落石に注意するだけではいけないのですね。
良い勉強になりました。

これからは、例え、突然目の前にパラグライダーが飛んできても、きっと驚くことなく冷静に対処出来ると思います(!?)
[PR]
by taka-sare | 2006-02-25 15:31 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)
<< [今日は何寒目?] [東京で雪の降る確率が高い日] >>