[凍り付くお話]

e0011761_2333025.jpg
こんな光景が見られるまで
あとどの位だろう?

立春もまだ来ていないのに
そう思ってしまう今日この頃。




つい先日まで、氷点下10℃以下になる地域にいました。

こんな体験をすれば、大抵の寒さは耐えられそうなものですが
寒く感じなかったのは帰宅日だけ。
翌日にはすっかり、こちら(関東南部)の気候に慣れてしまい
寒さを感じるようになってしまいました。

いやぁ、人間の環境適応能力というものは大したものですね。

・・・

最近、とっても寒い地域に住む知人からこんな話を聞きました。

「夜帰宅し玄関の戸を開けようとしたら凍り付いて開かず、閉め出しを受けてしまいましたよ。今の場所に移り住んでもう何年も経ちますが、こんなのは初めてですよ」

...もうこうなると、”寒”と言うより”冷”ですね。
いやぁ、凄い世界があるもんです。

何だかこんな話を聞いたら、関東の寒さなんて
大したことないような気がしてきますよね。
え? そうはいっても寒いものは寒いですって?
はい、私もそう思います(笑)
[PR]
by taka-sare | 2006-01-28 23:52 | 自然・季節に触れて | Comments(0)
<< [寒い日に、チヂミを食べる] [イマドキの験担ぎ] >>