9/2 肉会議

先日、我が家を襲った「肉食未遂事件@小海」。

その時に受けた心の傷は思いのほか深かったらしく(妻がね)。後日、いきなり「ステーキを食べに行こうよ!(地元に出来た店を偵察に行こうよ)」と言いだしたり。

心配になった私は、少しでも心の傷が癒されればと、件の店へ連れて行きました。

e0011761_10240719.jpg

しかし。

妻の心は少しも満たされる事はなく。かえって旨肉への思いを強くしてしまった模様。

これは重症化する前に手を打たねば。

という事で。

打ちました。

・・・

e0011761_10424508.jpg

先ずは、珈琲を飲んで気持ちを落ち着かせる。


e0011761_10381658.jpg

その一時間後「第?回 肉会議」スタート。

e0011761_10383411.jpg
春菊のサラダ。

肉会議の大事なアイテムです。

e0011761_10522919.jpg
マル秘肉。

何がマル秘か。それは…マル秘と名付けられているので…(笑)

e0011761_10384920.jpg

馬刺し〜。

傷、炎症には馬の肉が良いと言いますからね。
きっと心の傷にも。。。(笑)


e0011761_10391017.jpg
ポテサラ〜。
ブヒー。沖縄の豚、やっぱり旨し!

金八先生曰く「人って文字はですねぇ。肉と肉が支えあって出来ているんです」。

ベーコンに埋もれているポテト君(笑)
縁の下の力持ちですな。
e0011761_11020355.jpg

和牛ハツのたたき〜。

噛めば、ハッとしてギュー。

e0011761_10394457.jpg

牛ヒレ(山形産)。

添えられている生粒胡椒を先に噛みつつ、ヒレ肉を口内に放り込めば。。。もぉ〜旨味がギュウっと。。。アフターに来る胡椒の香りがまた、タマランチ元会長。

e0011761_10395957.jpg
エゾ鹿と生ラムの共演。

左に添えられた白トリュフを使ったカプセルと生粒胡椒。それと共に鹿肉を頬張ると。。。うーん。この味、シカと心に刻みこみました。一方のラムちゃんは、ただ若いだけではない感じで。旨味が濃いだっちゃ。添えられたパクチーペーストがまたね。

e0011761_10401502.jpg
ビール、ハイボールと継投し、喉が十分潤ったところで、赤き血に赤き液体を重ねる事に。

e0011761_11115032.jpg
腹の立たない命令口調ってのも、あるものなんですね(笑)


e0011761_10403088.jpg
目くるめく赤き肉の数々に、我が胸に刻まれし文字が浮かび上がる。

e0011761_10404600.jpg
バックストレートは、馬ヒレ肉で駆け抜ける。

e0011761_10410506.jpg
ちょっと前がかりになっていたのか。手綱を引くかの如く、店長よりガリ(自家製ジンジャーエールで使った生姜を利用して作ったとの事)の差し入れが。これがいい箸休めになり(笑)

e0011761_10412188.jpg
落ち着きを取り戻し視野が広がったからか。ここに来て、春菊のサラダ以来の野菜をオーダー(笑)。これがまた旨くてね。四分割されている事により、各部位の旨みや食感が楽しめるのがまた良かった。

e0011761_10413772.jpg
仕切り直しの後、ラストスパート。

味覚がクリーンになったお陰で、うちもも(黒毛和牛)の凝縮した旨味が存分に楽しめます。

e0011761_10420993.jpg
やはりホルモンは食べておきたいという声に応え、最後に塩ホルモン四種を。ギアラ、良い具合。

私は最後にジンで〆。

・・・

店を後にした後、珈琲が飲みたいねとの声。それではと、目の前にあるずっと気になっていたシブい喫茶店にでも。。。と歩を進めるも。「美味しい肉の後に味の保証が無い珈琲は飲みたくないなぁ」と妻より。

自分が言うのならともかく、よもや妻からそのコメントが出てくるとは。うーん、英才教育の賜物という事なのか。いやはや(笑)。仕方がないので河岸を変え。基準の範囲内に入るであろうお店にて珈琲を飲んだのでした。本日の会議の反省会をしながら。

何はともあれ、これで妻の心の傷は癒されたはず。店員もそれを感じ取ったのでしょうか。ラテアートに妻の思いを表現してくれたのでした(違)

e0011761_10422624.jpg



[PR]
by taka-sare | 2017-09-03 10:23 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< バルス祭り 久しぶりにドームとご対面 >>