視界良好


e0011761_12452890.jpg

昨年、老眼の兆候が現れた(正確には自覚した)。

ま、いっか!と暫くはスルーをしていたのだけれども、
超遠距離から超近距離まで目を使う仕事柄、そうも言ってられなくなり。近所の眼鏡屋に駆け込み、遠近両用の眼鏡を作ったのでした。

遠近両用って、あの上下でレンズの違いがわかるやつでしょ〜〜?と敬遠していたけれど、さにあらず。最近のヤツは言われなきゃ…ていうか、言われても分からない作りなんですねぇ。

遠近両用眼鏡の効果を最初に感じたのは、デジ一で写真を撮った時かな。撮影後、液晶で画像を確認する度、いちいち眼鏡をずらしていた、あのメンドーな行為が必要無くなった時には、ちょっと感動したもんです。同時に、もっと早く導入するべきだったなぁと。


e0011761_12454402.jpg

ところが。

今年に入り、再びハッキリ物が見えずらくなる。

視力が下がったか、それとも老眼が進んだか。いや、でも…と考えてみると、なんて事は無い。パッドの部分が広がり眼鏡のポジションが下がり気味になっていたのが原因でした…(^_^;)

という事で、近所の眼鏡屋へGO!
事情を話すと、店員は静かに微笑み調整に。で、調整後の眼鏡をかけてみると…うぉっ、こりゃ別の眼鏡みたいだ!

e0011761_12462427.jpg

イメージとしては、さっきの写真がこんな感じに。いやほんと!

初めて使ったから直ぐに考えが至らなかったけど、確かに2種類のレンズが使われているからねー。遠近両用はレンズ位置のズレが、ここまで見え方に影響するんだなぁと、あらため。今度からは、見えにくくなったら直ぐに調整してもらいに行こうっと。


[PR]
by taka-sare | 2017-03-18 12:45 | 雑感 | Comments(0)
<< 季節は移ろう PINGPONG 狂想曲 >>