[スペイン人の心を味わう]

昨日、昨年購入したハモンイベリコ(イベリコ豚の生ハム)を食しました。

・・・

私がハモンイベリコに興味を持ったのは、3年前のことだったでしょうか。
当時は今ほど有名ではなかった為、手に入れることは出来ず。
(もしかしたら売っていたのかも知れませんが...)
結局、初めて口にしたのは、ブレイクした?昨年のことでした。

・・・

e0011761_16911100.jpg[ハモンイベリコ デ ベジョータ]

スペイン、イギリス両王室御用達。
なんでも”世界で一番美味しい”とのことですが...
さて、そのお味や如何に!?



ハモンイベリコ体験の集大成として...
そう理由付けをし思い切って入手したこの品は、世界で一番かは分かりませんが
これまで何度か食べた中では、一番美味しいハモンイベリコでした。

ちなみに、今回食べた生ハムは、1879年にSANCHEZ ROMERO CARVAJALという人が、ハブコという小さな山村で生産を初めて以来、127年にわたり変わることなく造られてきたものだそうです。

この生ハムを生み出したスペインの風土、スペイン人の叡智
そして、127年にわたり生ハム造りに携わってきた人々の真摯な心に乾杯!


* おまけ *

e0011761_1681855.jpg生ハムを食べるとなると、やはり赤ワインの存在は無視出来ません。
丁度いいことに、我が家のナンチャッテ・ワインセラーにお気に入りのスペインワインがあったので、これを機にそのワインを開けることにしました。

生ハムはワインを誘い、ワインは生ハムを呼び...
途切れることのない、幸せのループに
しばし酔いしれたのは言うまでもありません。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-10 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [インカのめざめでないんか・・・] [蕎麦屋の主人はかく語りき] >>