アビシャイ公演

出張9連チャンをこなした後、私は某地へと向かった。

移動距離、およそ450km。

向かった先は、表参道。
表参道と言えば?
そう、BLUE NOTEです(え?そうなの?)。


e0011761_10572563.jpg

LIVE開始までの間、疲れと眠気がジワジワと。

大丈夫か、自分。

しかしそんな心配は、最初の一音で全て消え去りました。

e0011761_10575516.jpg

変拍子好きには堪らない展開の数々。複雑なリズムであるはずなのに、三人の手にかかるとシンプルに。かつ、音楽的に変化。

スキルは言うに及ばず。されど、それが技術自慢にならないのがイイ。懐の深さゆえか。いや、演者3人の楽しそうな姿がその答えか。

e0011761_10574323.jpg

念願のseven seasが流れた時には、ボルテージも最高潮。もう、血湧き肉躍りまくりで。疲れや眠気などはどこかへ消滅。念願のAVISHAI COHEN TRIOのLIVEは、予想以上に素晴らしかった。


e0011761_17201408.jpg

思わず(?)LPを買ってしまい、さらにはサインまでして頂いちゃいました。握手した時、みんなの手が柔らかかったのが印象的でした。


[PR]
by taka-sare | 2015-05-17 17:18 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)
<< うさぎおいしかのやま GW、とある小屋へ >>