雪の事は雪国に聞け

e0011761_15305157.jpg
新潟県某地にて(クリックすると拡大します)



「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」は、横井時敬氏の言葉だが、この度の大雪に対しては「雪のことは雪国に聞け」と言っていたのではなかろうか、と越後の国にて思う。



[PR]
by taka-sare | 2014-02-28 21:30 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)
Commented by まき子 at 2014-03-01 12:23 x
喉元過ぎればなんとやら…

来年になったら、また忘れてしまってそうデス(汗)。

でも、大雪、大雨、雷、竜巻、地震、噴火?!
いつどこで何が起きてもおかしくないんですよね。。

どこをどう備えればよいのやら…
物資の備えよりも、もう気持ちの備えが一番なんじゃないかな、と思う今日この頃です。
Commented by taka-sare at 2014-03-01 21:38
■まき子さん
自然災害はどんなに気をつけても、どうにもならない時もありますからね。減災の為の準備をしたら、仰る通り、後はどんな状況でも受け止める心構えだと思います。
<< アプリの為に 自然が作りしアート >>