[巨星がまた一つ]

ジャズ・ギタリスト巨匠、ジム・ホールが83歳で死去(TOWER RECORDS ONLINE)

来年、年明け早々に、ブルーノート東京にて、ロン・カーターと共に出演が決まっていたんですね。名盤の誉れ高い「Alone Together」の2人の出演とあって、楽しみにしていた方も多かっただろうな。

e0011761_23123340.jpg

今宵は、追悼の意を込めジムのCDを聴こう…そう思い手にしたのはコチラ。パットメセニーとのDUOアルバム、その名もの「JIM HALL & PAT METHENY」。ってまぁ、あたかもセレクトしたかのような言い回しですが...実はワタクシ、ジムホールのCDはこれしか持っていないんです(^^;)

あこがれの大先輩と演奏するパットメセニー。さぞかし嬉しく楽しかったに違いない。しかし、新旧の名ギタリストの共演は、基本、静かに進んで行きます。これを「淡々とした単調な演奏」と感じるか「渋く味わい深い演奏」と感じるかは聴き手次第。僕はと言うと、正直なところ、若い頃はそれほどでもなかったんだけれど、ここ最近はちょっと印象が変わった(後者寄り)...そんな気がします。

しょっちゅうは聴かないけれど、時々、思い出したかのように手に取っている。このアルバムはそんな存在です。手に取る時は大抵、時刻は22〜23時頃。そして、ちょっと度数の高めなアルコールを欲している。アンプのボリュームは絞り気味。後は、ゆるり、音楽と酒に身を預ける。そして、今宵もまた。。。

・・・

アルバムを聴いた後は、70年代に残した彼の代表的なこの1曲をば。実はこれまで通しで聴いた事がなかったんですよね。ということで、これを機に。ご冥福をお祈り致します。









[PR]
by taka-sare | 2013-12-11 00:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)
<< [相棒 〜シーズン16〜] [近付き、遠さを知る] >>