[読んで字の如し]

小林製薬...と聞くと皆さんは何を思い出すだろうか?私が思い出すのは、その商品名である。例えば、有名な所では...

「ブルーレットおくだけ」
「トイレその後に」
「チン!してふくだけ」
「熱さまシート」
「コリホグス」
「なめらかかと」

まんまやんけ!とツッコミたくなるネーミングばかり(笑)

だけど、かつて同業他社に勤めていた知人の話によると、それがいいんだそうな。なんでも、商品名を見ただけで、何の商品かに留まらず、何をどうするかまで明確に一瞬で分かる、というのが画期的だったらしく。この商品名だけでかなりの売り上げアップに繋がったと。

確かに、かの有名なブルーレットであっても「ブルーレット」と書くよりも「〜おくだけ」とした方が、使い方まで分かるもんねぇ。リズム感があって耳馴染みも良いから、印象に残りやすいし。特にご年配の方に好評というのも、なるほど納得です。あ、一応言っておきますが、ワタクシ決して同社の関係者じゃありませんからね(笑)

・・・

話変わって。

ワタクシ、調味料をあれこれ試すのが好きで、地方各地へ行く度、気になったヤツを連れ帰ります(話変わり過ぎ?)。最近も夏前辺りにお初なヤツを入手しました。実はこれ、だいぶ前から気にはなっていたんです。だけど、小瓶の割に結構お値段がするんですよね〜。なので、これまで後回しにしていたんです。が、どうやらついに年貢の納め時(?)がやってきたようなので、えいやっと。それがコレ。


e0011761_16394988.jpg
[すっぱ辛の素(内堀醸造)]

「すっぱ辛の素」とは、酢と唐辛子を組み合わせた新しい味わいの調味料です。唐辛子博士こと信州大学の松島准教授指導の下、長野県飯島町で、その土地・気候に合う唐辛子(品種:チェリーボム)を栽培しました。チェリーボムは、肉厚な果肉、ジュシーな味、甘味のある辛味、そして可愛らしい見た目が特長の唐辛子です(引用:Amazon)。

見た目はかんずりっぽい。先ずは、そのままペロリひとなめ...

「ぅおっ、すっぱからーーっ!!」。


口から出た言葉は、まさに、商品名のまんまでした!(笑)

そう、口内に広がるのは「辛っ!→ 酸っぱ!」じゃなくて「酸っぱ!→ 辛っ!」の順。商品名に偽り無しです。もっと正確に言うならば「すっぱ辛っ!...辛っ!」て感じかな。辛味に伸びがあります。

試しに、この日は、鶏もも肉とえのき茸をこの調味料と一緒に炒めてみました。熱を入れるので酸っぱさはコクに変わり味が深くなります。一方の辛さは、先ず旨味。のち、やはり辛味が伸びる!

以前、友人から頂いたハバネロピクルスと構成は似ているけれど、風味はそれとは異なるもの。んー、ありそうで無かった。そんな感じの調味料ですなぁ。

これ、和洋中、どれに使ってもいける万能調味料だと思います。例えば、タバスコ使うんだったら、こっちの方が断然いいんじゃないだろうか。

結構懐が深そうだし、ネーミングは小林製薬に負けていない。内堀醸造のお酢は割と出回っている。となると、後はプレゼン次第かなぁ。

でも、なんか出回らない様な気がするのは何故だろう…



[PR]
by taka-sare | 2013-09-23 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by まき子 at 2013-09-23 23:18 x
小林製薬のネーミングセンス、
私もけっこう好きです(笑)。
もう「名称」っていうより「文章やん!」みたいな。

“すっぱ辛い” だけだと、イマイチ何に使ったら良いのかイメージに繋がりにくいから、
“すっぱ辛い鍋の元” みたいな分かりやすさがあると、
もっと食いつきもよくなるの…かも?!?!

でも。
出回るには、やっぱお値段も、そこそこ大事な要素ですよねー…
(それを言っちゃ、元も子もない?!)


Commented by taka-sare at 2013-09-24 01:21
■まき子さん
そう、もはや取説、みたいな(笑)
誘導力といいましょうか。その親切感、サポート感がご年配に支持を受けるのでしょうねぇ。

で、調味料。仰る通り、小林的には「〜鍋の素」といった具合にした方が取っ付き易いかもしれませんね。ただ、記事にも書きましたが、これ、懐が深くて色んな食べ方に合うんですよ〜。なので、あえて書かない方が良いのかも、と思ったりもします。

思うに、美味しいレシピが幾つか紹介された小冊子みたいなのが付随していたら、一般化は無理にしても、ご当地お土産としては結構いけるんじゃないかなーと。
<< [しょーゆーこと] [月を手中におさめる] >>