[フィールド食]

フィールドワーク(冬期)をする際の、定番携行食といえばカップ麺です。ナンダカンダ言っても、野外で簡単に温かい汁と麺が同時に食べらるというのが一番アリガタイのよね(そして軽いのがまたイイ)。そんなわけで、今シーズンも随分とお世話になったのですが...さすがに長く食べ続けると、いくらアリガタイと言っても、やはり飽きがきてしまうわけで。

ちなみに。以前は、煮炊き道具(バーナーやらコッヘルやら)を持って行ってたんですけどね〜。でも、最近はレンズやらカメラやら基本装備が増えたので、パッキングから外しちゃいました。

・・・

で、目先を変えようと、ラーメン以外で探す訳です。お湯を入れて簡単に食べられるものを。いやーしかし、最近はバリエーションが増えましたねぇ。定番の焼きそばを始め、スープや雑炊なんかも多種多様。この前なんかは、こんなモノに出会しました。



e0011761_043481.jpg
袋から麺を出してカップに入れる。お湯を注いだら蓋を閉めて15秒。お湯をきったらレトルトソースを入れ混ぜる。出来上がり。と、至って簡単。一番いいのは15秒という短い時間。これは冬期のフィールドではとてもありがたいです。

肝心の味はと言うと、トマトソースの方はまずまず。いや即席でこれならいいんじゃない?これとパンを持って行くのはいいかも。一方、カルボナーラはちょっと...な風味。私なら前者1択ですな。値段がそれなりにするので多用は出来ないけれど、何れにせよ選択肢が増えたのは喜ばしいこと。
[PR]
by taka-sare | 2013-04-30 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [まえとうしろ] [腹に背はかえられぬ] >>