[百姓に学ぶ・白菜編]

実は、先日話題にあげた露天販売にて、こんな一コマがありました。

・・・

白菜を買おうかどうか思案していると、お百姓のおじさんは私にこう言いました。

「みんなはよく、『丸々一個買っても、葉物は使い切る前に駄目になるから、結局無駄にしちゃう』っていうけれど、本当は長持ちするんだよね」
「みんなは使う時、半分にカットしちゃうでしょ。そうじゃなくて、白菜は外側からはがして使って。そうすれば長持ちするから、無駄になんてならないよ」

・・・

野菜だって生き物です。
切る(断つ)ということは、命を絶つということなのです。

優しくも力強く語る、おじさんの言葉には
そんなメッセージが込められているような気がしてなりませんでした。

おじさんの言う「殺さずに生かす」方法で使用し、保存した白菜は
今もなお、瑞々しい状態を保っています。
[PR]
by taka-sare | 2005-11-24 23:59 | 雑感 | Comments(0)
<< [バンドブーム] [柿食えば・・・] >>