[冬の始まりに秋の味を飲む]

e0011761_1375147.jpg
秋になると「秋○」と名付けられた、ビールやそれに類する飲料が出てきますが、今回取り上げるのはアルコール飲料に非ず。りんごジュースであります。

ここ最近、長野に行くとよく目にするようになったりんごの品種「秋映」。調べてみると、秋映は1993年に長野県で品種登録されたとのこと。なので、近年普及が進んだということなのかな?

ちなみに、秋映は「千秋」と「つがる」の交配種(参考:千秋は「東光」と「ふじ」、つがるは「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」の交配種)。

・・・

拙Blogで何度か言っているように(例えばココで)、ワタクシ、何故かりんごに惹かれるのです。それが故に、パソコンを窓から林檎に変えた程に...!?ですから、知らない商品を見ると先ずは試したくなるワケでして。

前置きが長くなりました。つまりは、秋映を使った林檎ジュースを始めて見たので、買ってしまったと言う話です。はい(苦笑)。販売元は、長野県に詳しい方にはお馴染みの?長野農興さんです。

・・・

秋映らしく甘味と酸味がスッキリとしており、スルスルと喉を通って行きます。
酸化防止剤不使用なので、素直な風味が楽しめてグー。
朝など、サラッと飲みたい時にいいかも。
[PR]
by taka-sare | 2012-11-25 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [ホットなお土産] [不二なる山の未来] >>