[別れ]

この時から数えて5ヶ月弱後の夜。妻の愛犬はその生涯に幕を閉じました(人の世界で言うところの四十九日が経ったので、ご報告)。

・・・

e0011761_1417468.jpg
その日が確実に近付いていると感じてからは、可能な限り妻の実家に顔を出しました。そして、9/26の夕方。いよいよ危ないかもしれないとの報が入り。



e0011761_14172278.jpg
急いで実家に駆けつけると、数日前に見た時よりもさらに命の炎が小さくなっていました。それでも、妻の姿を確認するや安堵の表情を浮かべ、少しばかりではありますが炎が大きくなりました。

それから2日後の夜。

妻を始め家族が見守る中、眠るように静かにこの世を去りました。



e0011761_14173458.jpg
16年と7ヶ月。いつも120%の元気で、家族みんなを楽しませてくれて、そして、幸せを分け与えてくれてありがとう。
[PR]
by taka-sare | 2012-11-18 00:00 | 雑感 | Comments(2)
Commented by まき子 at 2012-11-21 00:08 x
18日にこの日記を読んだ時は、
不思議とぼろぼろと泣いちゃって何も書けませんでした。。。

落ち着いた今日は何かかけるかなと思ったのですが、
やっぱり気のきいた言葉なんて思い浮かばないです。

でも…最期をみんなで見守れたのはいいなぁ。。。
そんな家族に囲まれて逝けて幸せだっただろうなぁ。。。
Commented by taka-sare at 2012-11-22 19:09
■まき子さん
コメントありがとうございます〜。

この話に関しては、思いが多すぎて上手く書けず。
書いては消す、の連続でした。

結局、毎度必ず思うのは「ありがとう」という感謝の思いだったので、その思いを書き記しておこうと。

>そんな家族に囲まれて逝けて幸せだっただろうなぁ。。

妻の弟さんが仕事から駆けつけ間もなくして...でした。ギリギリの状態の中頑張っていたので(もうすぐ来るからね...と声をかけていた)、きっと、待っていたんだねと。妻と妻の母はそう話しています。
<< [ジュース] [冬がくる前に] >>