[ガブリエル]

e0011761_1116314.jpg
こちらは、最近話題の?カラーピーマンの新品種「ガブリエル」。先日諏訪に行った際に目にしたので、家に連れ帰りました。

ちなみに「ガブリエル」は天使の名。ということは、なにかピーマンにまつわる神話でもあるのかな?例えば、中南米に足を運んだガブリエルが、その後トウガラシを各地に伝えたとか、その手の話が。

で、気になったので調べてみました。すると...


そのまま「ガブリ」とかじって、生で食べられるから「ガブリエル」と名付けられた


...って、おいっ!(笑)


ま、確かにね、農産物の名前って結構この手のものは少なくないです(キュウリに「五月みどり」とかね)。しかしですね、これはちょっと逸脱していると言いますか。もう、その神をも恐れぬ命名振りに感服ですよ!?

・・・

一番の特徴は高糖度というガブリエル。その糖度はミニトマト並みだそうで、多いものでは15度近くにもなるのだとか。さて実際のところはどんなもんでしょう。ということで、先ずは生で食べてみることに。

あ、お約束通り「ガブリ」...とはやりませんでしたよ。ワタクシ、天の邪鬼なもんで(ていうか、ガブッとやったら料理に使いづらいしね)。

閑話休題。

で、感想ですが、なるほど確かに甘い!(けれども飽きる甘さではない)。肉厚だけど瑞々しいので、食感が楽しくバクバク食べられます。これはサラダに使うとアクセントになっていいかも。

味見をした後は、千切りにしてサッと炒めてみました(βカロテン豊富な野菜ときたら油炒めかなと)。炒めると一層、甘味と瑞々しさが生きるような。味付けはシンプルに塩と胡椒のみにしましたが、これだけで十分旨いです。個人的には、生よりもこちらの方が好みだなー。

今年の夏はカポナータをよく作ったけれど、来年はこれを使って作ってみようっと。
[PR]
by taka-sare | 2012-11-15 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [最中] [弾丸ツアー@諏訪、こぼれ話] >>