[快楽に溺れる!?]

昨日、包丁を研ぎ直してもらう為、川越へ行きました。

研ぎ直しをお願いするお店は、「まちかん」こと「町屋勘右衛門」。
川越南町通...いわゆる小江戸川越・蔵造りの街並みにある老舗の刃物店です。

・・・

「1時間ほどお時間を頂いても宜しいですか?」

このお店は刃物のメンテナンスも請け負っている為
お店を訪れると大抵、主人や従業員が包丁を研いでいます。
この日もその例外ではありませんでした。

川越の街は見所が多いので、待つことは大して苦になりません。
私は「宜しくお願いします」と返事をし、店を出ました。

しかし、この時川越は、いつ大雨が降り出すか分からない空模様でした。
そこで私は、出来上がるまでの間”お決まりの珈琲屋”で待つことにしました。


e0011761_18315854.gif
お決まりの珈琲屋

珈琲豆のクオリティが高いので
珈琲好きにはオススメです。
敢えて店名は記しません。
ヒントは”裏通り”です。




店内にある雑誌を読みながら過ごすこと小一時間。
二杯目の珈琲を飲み終えようかという頃、約束の時間が訪れました。
私は支払いを済ませ、雨降る中、刃物屋へと向かいました。

・・・

e0011761_18221199.gif

今回研ぎに出した小型の包丁(町勘)

多層鋼による波紋が美しい。
下に敷いているのはコースターです。
包丁の大きさが分かるでしょうか?




帰宅後、早速その切れ味を試しました。
試し切りの相手に選ばれたのは、白菜の漬け物です。

先ずは、まちかんの主人の常套句である
「刃物の重さで、軽く押す感じでお切り下さい」という言葉に従い
刃を滑らせるようにそっと力を加えて切ってみました。

するとどうでしょう。
摩擦をほとんど感じることなく、刃はまな板に到達してしまいました。
その感触たるや...これはもう快感という他ありません。

しばらくは、快楽に溺れながら料理をすることになりそうです(笑)


* まちかん(川越)

江戸時代から続く老舗刃物店。
店内には和洋様々な逸品が取り揃えられており、刃物好きならずとも
ついつい目を奪われてしまいます。
(越後鍛冶の名人・佐治武士のナタ等、一見の価値有り)
店内に入ると、主人が優しい口調で刃物の説明をしてくれますので
その口上に耳を傾けるのも一興です。
そうこうしていると、実際に大根を切ってみませんか?と勧められます。
これはこの店の名物になっていますので、気後れせずに是非一度
刃物を手に取り、試し切りをしてみましょう。
その切れ味に、多くの方は恍惚の表情を浮かべます。
ただし、刃物が好きな方、自制心がない方は要注意です。
何故なら、あれこれ欲しくなってしまうので。
ちなみに...
今回研ぎをお願いした包丁は、以前このお店で入手したものです。
念のため(笑)
[PR]
by taka-sare | 2005-11-07 23:58 | 雑感 | Comments(4)
Commented by xenical2000 at 2005-11-08 22:45
菓子屋横丁には、キンツバや芋羊羹を買いに、時々出かけます。
川越で、包丁は買ったことが無いので、今度覗いてみています。
大根切ってみたいです。恍惚感が、癖になったらどうしましょう…(笑)。
Commented by taka-sare at 2005-11-09 00:08
>xenicalさん
川越にお越しになっているとは!では是非、お立ち寄り下さい。
料理をされる方は、まず間違いなく癖になりますよ(笑)
Commented by 町勘 at 2007-11-07 23:55 x
町勘です!自分の店の名前を検索していたらこのブログを拝見させていただきました、また修理のときは是非お申しください。
新しい道具より使い込んでからが本調子なのでこれからが楽しみな道具になってくるはずです。
毎度ありがとうございます。
町勘より。
Commented by taka-sare at 2007-11-08 01:12
■町勘さま
いつもお世話になっております。
お陰様で、研ぎに出した有次さんと町勘さんの包丁は良好。楽しく料理をさせて頂いております。
また、よろしくお願いします。
<< [我、サバ缶で指を捌かん!?] [泥・泥棒] >>