[キャノン砲]

時々、仕事でCanonの単焦点レンズ(400mmと500mm、時に600mm)、通称キャノン砲(勝手に命名)を扱う機会があります。つい先日もその機会があったのですが...コヤツら、誉れ高いだけあって、非常に良い仕事をしてくれます。

常々「レンズじゃない。大事なのはセンスだ」と宣うワタクシですが。。。

うーん、いいレンズはやっぱりイイ。
これは真実だわね。


e0011761_15172775.jpg

特に、通称「ヨンゴーロク」と呼ばれる、この400mmレンズ。
コヤツがいいんだなぁ。

先ず、軽量&コンパクトな点がグー。
ちょっと気をつければ手持ち撮影もOKです。
やっぱりフィールドでは、どんな場所でも携行してなんぼですからねー。
(デカイ、オモイ、だと、無精な私はつい面倒になってね)

次に、高性能な点がグー。
そう、いくら機動力があっても、肝心の写りが悪きゃ、ね。
その点、このレンズはキレ味十分で心配無し。

そしてトドメが...こんなにイイ事尽くめなのに...驚きのハイコストパフォーマンス。
(これが一番の魅力か)
500mmはいくら良いと言っても手が出ません。
だから諦めがついていいのですが。
この400mmだと「これなら頑張れば...」と、つい思ってしまいます。
(いやまぁ、そうは言っても買わ(え)ないんだけどね)

あ、これ、借り物ですので。為念。

・・・

「独身の内に買っておいたほうがいいよ〜」

かつて、諸先輩方々より散々言われたこの言葉がリフレイン。
そして「なるほど確かに」と得心。


* 今日の言い伝え(鳥編)*

「セキレイが水辺遠く巣くう年には洪水あり」
e0011761_15154654.jpg

[PR]
by taka-sare | 2012-02-22 00:00 | 雑感 | Comments(0)
<< [心のサプリメント] [百の舌] >>