[不二なる食べ物]

e0011761_15124774.jpg

某地より連れ帰ったお土産。
あ!このパッケージは!!とピンときた方そこの貴方。
なかなかの静岡通ですねぇ。


e0011761_251833.jpg

そう、コヤツの名は「ようかんぱん」。
富士ブランドにも認定されている、当地の有名土産です。

話に聞いた事はありましたが、実際に目にするのはこれが初めて。ときたら、東北某地に伝わる人生訓「シランデ シンデ タマルカ」に従い入手するしかありません。ま、フィールドワーカーたるもの、何事も試してなんぼ、体験してなんぼですからね。と自らに言い聞かせつつ。


e0011761_25287.jpg

外観はこんな感じ。パッと見、流行のナンチャラドーナツ達に負けていません。ちなみに、上部にかかっているのはチョコ...ではなく羊羹。真ん中にあるのは生クリーム...ではなくバタークリームです。何ゆえこの組み合わせなのか。ウケ狙い?と思うも、実はこれにはちゃんとした理由があるようで(※1)。

一粒で二度美味しいというキャッチフレーズはありましたが、こちらは三つの味(※2)が楽しめるとのこと(美味しいとは言ってないですが)。さて、そのお味やいかに?


e0011761_245054.jpg

・・・ん?

一見キワモノっぽさが漂っていましたが...なんだか懐かしさ溢れる風味です。
(予想に反し甘過ぎず食べ易い)


e0011761_253259.jpg

この袋に描かれているパンダ?キャラ(まさか「ようかんぱんだ」って名前だったりして...)。後で写真を見て気付いたのですが(この絵、実際はちっこいのです)皆が皆「ようかんぱん」を食べているワケじゃないのですね。

例えば...

右下のヤツはハンバーガー食っとるし!
その二つ左のヤツなんか、スイカだし!
(もはやパンですら無い)
(良く見ると、ご丁寧にほっぺに種付いとる)

普通なら「おやつ=全て自社のパン」としそうなもんですが...
そうではない所が気に入りました。


※1  昔、チョコレートが手に入りづらかった時に、パン屋さんでも普段使っていた餡を羊羹にし、 それを溶かしてあんパンに塗るのがこの辺りに広まったとか。であれば、生クリームではなくバタークリームなのも然もありなん。

※2 パン、和菓子、洋菓子
[PR]
by taka-sare | 2011-01-21 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by itacha at 2011-01-22 18:13
東海地区ではあの「ヤマザキ」さんもその手を出すほどポピュラーな
菓子パンらしいのですが、私は二度目と手を出したことがありません。

〉東北某地に伝わる人生訓・・・
東北にもいろんな訓があるもんですね。。。(爆)
Commented by taka-sare at 2011-01-22 21:05
■itachaさん
>東海地区ではあの「ヤマザキ」さんも
そうだったんですか〜。
食べて思ったんですが、外も中も餡だから結局は「あんぱん」なんですよね。特に羊羹を感じなかったので、ならばあんぱんでいいなと。

>東北にもいろんな訓があるもんですね。。。(爆)
そう、東北には数々の名訓があるのです(笑)。
<< [口内サロンパス] [お疲れ会 2010] >>