[おしりパン、その後]

ご無沙汰しております。
すっかり月刊誌になった感のあるタカサレです。

さて、とりあえず入山してから一ヶ月が経過しました。
その間、風邪をこじらせはしましたが、それ以外は特に問題もなく。
未体験生活を自分なりに楽しんでおります。

・・・

山小屋生活が始まってからは、あれやこれやとやる事があり、なかなかパン作りにまで手が回らない日々が続いていました。しかーし、それではあの修行の日々が浮かばれないってもんです。そこで、とある日、気合いを入れ休む暇をパン作りに充てることにしました。

先ず作ったのはブレッツェン。そりゃそーでしょー、の、おしりパンです。

標高1600mオーバーの地だけあり、昼間ヒンヤリ、夜氷点下。太陽の手を持つ私ですらあっという間に生地が冷たくなるという状況下で、果たして上手く焼けるのか?さすがに少し不安になりました。しかし...そんな不安は一切無用でした。何故なら...我々には...(その話はまたの機会に)。

そんなわけで、二次発酵まで順調にこなし、いざ焼成と相成りました 。


e0011761_14383550.jpg


最初なので先ずはデロンギで焼いてみました(粉はメゾンカイザー)。
成形はちと荒いですが、焼き上がりはなかなかの出来。香りも良いです。

後日、山小屋に備え付けのガスオーブンと、自宅から持ち込んだデロンギのコンベクションオーブンとで焼き比べをしました。さすがに備え付けのオーブンは慣れていないのでもう少し経験が必要だなぁと感じましたが、それでもまずまずの出来。デロンギで焼いた方に至っては、埼玉で焼いていたものよりもむしろ良い出来でした。とにかく香りがイイんです。

これならばと、後日、会社役員に試食してもらうことにしました。その結果...晴れて正式採用となりました〜(この日はイーグルで作製)。というわけで、これからはヒュッテでおしりパンが食べる事が出来ます。3個/1人前で提供致します。お越しの際は是非一度お試し頂ければと。


* 備考*
先ずは、宿泊者用の朝食セットからスタートします。
余裕が出てきたら、喫茶でも提供する予定です。
但し、前もって一報頂ければ、今の時点でも喫茶で提供致しますので。
[PR]
by taka-sare | 2010-05-28 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by ピクニッカ at 2010-05-30 17:53 x
いよいよ、おしりパン霧ヶ峰にデビューですね。おめでとうございます。メゾンとイーグルどっちを採用?
最近、イーグルのあっさりしたおいしさも捨てがたいなあと思ったり、パンもその気分や趣向の変化で好みが変わります。
珈琲やたばこの味なんかがヨーロッパで違うように(湿度で)多湿の霧ヶ峰にあう配合って言うのもあるかなと最近思っています。
長野に羽ばたけおしりパン♪(学校のキャッチコピーみたいだ)
Commented by taka-sare at 2010-05-30 23:37
■ピクニッカ様
本日、宿泊客(2名は知人)に提供しました。

先ずはイーグルで作っています。が、改めて、メゾンも捨てがいなぁと思ったり(あ、今度メゾンの手配をお願いします)。

下界で作っていた時よりも香りがたつのは、当地の空気が澄んでいるからなのか、はたまた発酵機のおかげなのか。その辺りの判断がつきかねています。今度来た時に検証してください。
<< [日々、寝不足気味です] [日頃の生活態度が試されます] >>