[点描、諏訪探訪]

今年から、信州は諏訪の町に深く関わる事に。
そこで、先日、友人を誘い諏訪の町探索に出かけました。
今回はその時の事をさらっとご紹介。

・・・

諏訪と言ったら諏訪大社でしょう(一度も訪れた事なし)。
ということで、先ずは上社へ。

e0011761_1431560.jpg

柄杓が金属製とは珍しいなと近づいてみると、口からお湯が。なるほどだからなのね。説明書きによると「明神湯」と言い、往古より諏訪明神ご愛用の温泉とされ、諏訪の温泉の基とも伝えられているそうな。


e0011761_1434361.jpg

敷地全体が飾った感じではなく、当時の雰囲気が垣間みられます。なので、絢爛豪華なものを期待していると肩すかしを食らうかもしれません。


e0011761_144048.jpg

あたかも像の足のよう。さすがに歴史があるだけあり、大木古木がそこかしこに。


e0011761_1441843.jpg

昼飯は、諏訪名物の「ハルピンラーメン」にて。ニンニクを寝かしに寝かしたというスープは思ったよりもスッキリ。派手さがない分、飽きがこなさそう。甘味のある感じ等、以前食したサンマー麺を思い起こさせるものがあります。


e0011761_1443589.jpg

午後は下社に足を運んでみました。上社は男性的、下社は女性的と言われますが、なんとなく分かるような気がします。社周りはこちらの方が整備されている印象(上社は大衆化されていないともいえる)。


e0011761_1445044.jpg

上諏訪の町から霧ケ峰高原内にある八島湿原へ。ほとんど雪がなく、湿原が凍っている以外は冬らしさを感じませんでした(特にこの日は好天に恵まれTシャツで活動できる程でした)。が、そうはいってもそこはさすがに標高1600m超の地。風が強い事もありちょっと寒い。

・・・

合間合間に主だった土産屋を冷やかしながら物色しながら、諏訪の町をザックリ巡る。
そのお陰で、なんとなく町の雰囲気や特色を把握出来ました。

諏訪は今年、7年に1度の御柱祭が催されます。
なので、かなり盛り上がっているんじゃないかと思っていたのですが。。。
予想に反し、町は静けさに包まれていました。
嵐の前の。。。というやつでしょうか。
いや、祭りは本来、外に向けるものではなくその地の為にあるもの。
多分そういうことなんだろなぁ。

・・・

日が暮れてきたので、夕飯を求めと贔屓の店へ(異市同県内)。


e0011761_145560.jpg

ファミリー用の盛り合わせ。レギュラーでこの内容。久々にサシの入った牛を喰らう。え?クドそう?私もそう思ったのですが、これが全く脂っぽくなくサラリ。食後、もたれは一切ありませんでした。


e0011761_1452021.jpg

厚切り馬刺。かなり旨い。ここまで厚切りな馬刺って食べた事がなかったけれど、なるほどって感じ。これはハマりますな。しかし凄い量だ(2人前)。と思っていたら「中途半端だったので、全部切っちゃいました」と店長。どうりで盛り沢山なわけだ〜。その店の名は「千曲屋(小海町)」と言います。どうぞよしなに。


e0011761_1453672.jpg

〆は石焼カレー。牛肉ゴロゴロ。散々食べた後だったけど、これが意外に食えてしまう。
いやー、しかしさすがに腹一杯だー。


...ん〜〜、全然点描じゃないな。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-03 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)
Commented by 桃尻パンファンクラブ会長 at 2010-04-04 00:52 x
諏訪探訪、楽しませてもらいました。ありがとう!これからも楽しみにしているよ。
御柱祭を見る機会はなかったようだね。一度は見てみたい祭りです。
Commented by taka-sare at 2010-04-05 18:47
■ファンクラブ会長さん
いつの間にこのようなファンクラブが!(笑)

機会はあったのですが、今回は敢えて御柱祭の日程を避けて行動しました。私も一度は見てみたいです。
Commented by itacha at 2010-04-07 18:39
肉には困らない様子・・・ で、羊指数は?
Commented by taka-sare at 2010-04-07 19:37
■itachaさん
この日はパトロンがいまして。。。
その方が次々に頼んでくれたので、こちらは来る皿来る皿をただ食べるのみでした〜。

で、羊指数ですが。。。
なんと、驚く事に0!!
何故なら、その翌週もこの店に来る事になってたから。
どんだけ長野に行くねんって感じ?(笑)
<< [ちとおかし、否。] [久々のパン焼き] >>