[七転び八起き]

久し振りに思いっきり転けちゃいました。

先週の木曜日のことです。

この日私は、ザック(20kg程度)を背負い、右手にバックを持って歩いていました。
(ちなみに、右手に持っていたバックには、パソコンやカメラ等が入っていました)

すると突然、左足が何かに引っかかり、それまで軽快に歩いていた私は
その勢いのまま前方へ飛ぶように転倒しました。
そう、まるで足を引っかけられたように。

地面はコンクリートです。

私は無意識の内に体を左側に傾け、左腕と左手を使いで受け身をとっていました。

それが功を奏したのか、結果的にバックの中身は無傷。
私自身、外傷は特に見あたらず、事なきを得たかに思えました。
しかし、立ち上がった時、直ぐにそうではないことに気がつきました。
肋骨の左側に痛みが走ったのです。

大荷物を背負ったまま倒れたので、負荷の全てが左半身にかかったのでしょう。
暫くしても、痛みはひきませんでした。

骨にヒビが入ったかな?

一瞬そんな思いが脳裏を横切りました。
しかし、翌日から福島で道無き山を登る仕事があった為
病院に行く時間はありませんでした。

仕方なく、翌日、痛みを抱えたまま出張先へと向かいました。

・・・

その仕事で症状を悪化させてしまったのは言うまでもありません。

帰宅後、通常の生活をおくるだけでも患部が激しく痛んだ為
翌日(昨日)病院へ行きました。
診断の結果は 「肋骨の骨折」...ではなく「強烈な打撲」でした。

医者曰く
「肋骨は柔軟性のある骨なので、うまく圧力が逃げたのでしょう」
とのことでした。
全治までは3週間位かかるようですが、折れていなかったので先ずは一安心です。

今現在の状態は
・ 左手で体重を支えることは出来ない
・ クシャミ・咳をすると激痛が走る
・ 体を捻ると、痛みが走る
といったところです。

安静にしている分には特に問題はありません。
ですが、体を動かす時は、痛みが走らないよう結構神経を使います。

クシャミをしたくなった時は一番困ります。
爽快感をとると、その後、激痛に苦しまなければならず
我慢すると、その後、得も言われぬ心地悪さに苦しむからです。

これは物凄い葛藤です(苦笑)

骨折こそ免れたものの、とにかく骨が折れます。
まったくシャレにもなりません。

・・・

転倒した原因は、靴紐でした。

e0011761_2061747.gif

外れた靴紐が
もう片方の靴の金具に引っかかり...

足下がおろそかとはまさにこのことです





靴紐が外れているのに気がつかず、そのまま歩いていたのがいけませんでした。
何とも初歩的なミス(不注意)です。

しかし、事故(怪我)というものは、このような些細な不注意が原因で
起こることが少なくありません。
今回は事なきを得ましたが、それは単に運が良かっただけだと思います。
もしこれが山の中だったら...致命傷を負ったかもしれません。

・・・

日々注意しているつもりでしたが、それはあくまでも「つもり」だったようです。
今回の一件は、そのことを知る良いきっかけとなりました。

痛い思いをしなければ気がつかないというのは、我ながらどうかとは思いますが
これを教訓に、靴紐同様、気持ちの紐を締め直そうと思います。
[PR]
by taka-sare | 2005-09-30 23:27 | 雑感 | Comments(0)
<< [コーヒーの日] [帰宅] >>