[占いに一喜一憂!?]

占いを信じている人には大変申し訳ないのですが、私は占いはハナから信じていません(背中を押してもらいたい気持ちは分からなくはないのですが...)。なので、やる時は娯楽、すなわちお遊びとしてです。まぁただ、警告やら指摘やらには耳を傾けてもいいとは思っていますけどね。だって、明日明後日にどうこうじゃなく、一生涯気をつけるべきことばかりだから。。。

例)
・明日は交通事故に気をつけましょう!
・アナタのイライラが場の雰囲気を悪くします。気をつけましょう!

って、そんなのいつもだろうに!!(苦笑)。

・・・

さて、何故こんな話をしたのかといいますと。はい、お察しの通り、最近占いとやらをやったからに他ありません(笑)。きっかけは、近頃方々で見かけた「日本酒占い」でした。「山手線占い」とか「寿司占い」とかが出てきた時は「意味ワカンネー」と悪態をついたのにね。こと日本酒になると「くだらねーなー」とか言いながら「さて、オレはどんな銘柄なのかな?」などと結果を待つ自分。まぁそんなもんです。たはは。

んで、結果ですが、二つのサイトから出た結果は以下の通りでした。

「タカサレさんは十四代です!」(日本酒占い 其の壱
「タカサレさんは久保田です!」(日本酒占い 其の弐

...なんだろう。この寂しさと切なさと心苦しさは。
(同志ならきっとこの気持ちを汲んでもらえることだろう)

てか、其の壱で十四代なのに其の弐では違う銘柄じゃん!(え?マジになるなって?)。
ああ、其の弐は「神亀」が良かったなぁ(え?そういう遊びじゃないって?)。

・・・

気を取り直して。

性格診断はさておき、その下にはこんな記述がありました。

「タカサレさんにもうすぐ出来るのは…恋人です!」(其の壱)
「タカサレさんの来世は、アフリカ象です!」(其の弐)

えーっと...ツッコミどころが満載ですが...
あえて言おう。

先ず其の壱。「もうすぐ恋人出来ちゃいますか。マジで?」。
次に其の弐。「パオ〜ン。なんかイイゾウ。ケニアの珈琲大好きだしね!(?)」

それ以前に気になるのは「です!」の「!」。
そんなに強調されても...
恋人はともかく...(えっ?)


* 後日談 *
事のついでに、こんな占いもやってしまいました。
最近、妻が歴女になってしまったもんで、つい...(苦笑)

ちなみに結果は「徳川家康」でした。
サブタイトルは「完璧を期す時代のリーダー」。ホントか!?
[PR]
by taka-sare | 2009-09-04 15:01 | 雑感 | Comments(2)
Commented by まき子 at 2009-09-04 16:31 x
私も十四代でした(チーン)。
バーナム効果ということで、最近「占いもの」や「心理もの」は
さっぱり興味がなくなってしまいました・・・
Commented by taka-sare at 2009-09-05 03:56
■まき子さん
あらま、そちらも。。。
ま、世間的には喜ぶところなのかもしれませんが(苦笑)。

バーナム効果然り、インプリンティング然り。
ちょっとした情報操作で人は簡単に誘導出来るという良い例ですよねぇ。
非常に恐いなぁと思います。
(「科学的根拠」という言葉も人を誘導するには有効なので、これまた恐い)
<< [肉に会いたい] [合い言葉は3㎝] >>