[肯否分かれるビール?]

いやー、ようやく口にする機会がやってまいりました。





e0011761_1411546.jpg

コヤツの名は「石狩徳光コーヒーラガー」と申します(日本地麦酒工房と徳光珈琲のコラボ商品)。このブログで何度か登場している「Espresso Beer(新潟麦酒)」。あちらは名前こそ珈琲っぽいですが、珈琲は全く関係ありません。しかしコチラは正真正銘、珈琲に関係しまくりでございます。なんせ実際に珈琲がたっぷりと使われているのですから。

昨年完成したこの商品。実はワタクシ、徳光珈琲のマスターの修業時代を知っている事もあり、ずっと気になっていたのです。それが最近、アローカナの卵同様、出会す機会がありまして。まぁちょっとキワモノチックに感じなくもないですが、珈琲飲み(かつてビール飲み)としては避けて通れない道?ゆえ、これは良い機会と入手した次第です。

e0011761_1372097.jpge0011761_1374254.jpgチーズケーキと合わせると良いという話を耳目にしていたので、スイートオブオレゴンのプレーンとベイクドの2種を用意しました。超有名な店ですが、私はここのチーズケーキを食べるのは初めて。入れ物、中身がチーズっぽくて可愛いですね。初めて尽くしなので、ワクワクしながら試飲と試食を開始!

先ずは、お目当てのコーヒーラガーを一口。すると...

「んん?」「あ!」「ほほぉ〜」「へぇ〜」「なるほど」「こうくるのか」というのが最初の印象でした。全然分かりませんね(苦笑)。でもね、口にしたら分かって頂けるかと。多分。ちなみに、ベースとなっているビールのスタイルはボック。使われている珈琲はマンデリンです。

おそらく珈琲の部分が気になる方が多いと思うので、そちらの感想を述べておきましょうか。ズバリこの珈琲は素晴らしいです。最高のマンデリンを惜しげも無く使用しただけあってか、ボックの香味に負けていません。融合具合も予想に反しなかなかのもので、マンデリンを選んだのは正解だったと思います。流石は徳光さんだなぁと思わされました。

続いてチーズケーキと合わせてみると...おぉ、これが結構、違和感が無いじゃないですか。特にプレーン(レアチーズ)の方が。これに比べるとベイクドの方はちょっと調和していないかな?感覚としては、エチオピアのナチュラルを合わせている感じ。チーズケーキ自体はどちらもクドくなくてマル。

もちろん好みは分かれるでしょうが、キッチリ造られておりなかなか面白い商品なので、機会があれば一度試してみては如何でしょうか。え?こんなの飲みたくない?いやいや、決してキワモノではないので是非!
[PR]
by taka-sare | 2009-04-23 03:03 | 飲む・食べる・呑む | Comments(6)
Commented by Moto at 2009-04-23 06:15 x
ビールを飲むのも珈琲を飲むのも、ついでに甘いものも大好きなので、これは気になります。
お味のレポートを読んでいても、まったく想像がつきません!
ビールとチーズケーキ???
いや、これを「ビール」とくくってはいけないのでしょうけれど。
飲んでみたいなあ。
Commented by itacha at 2009-04-23 09:32
ビールのことは良くわからないのですが(飲まないから)
こういう類のビアーは製造法的には発泡酒なのかな?
ラベルの下に「発泡酒」って読めるのですが?
Commented by まき子 at 2009-04-23 14:23 x
ボックといったら、やっぱり色は濃くて濃厚で・・・って印象があるので、
コーヒーで造られたもの、という意味ではなんとなくイメージはつくのですが、
でも「ラガー」なんですよね?!
そう来ると「うう~~~む?」とイメージがぐるぐるになります~(笑)。
こりゃ飲んでみないと分からないものなのでしょうね。
でも「そうきたか!」というコメントに、なんとなく納得しちゃいました(笑)。
Commented by taka-sare at 2009-04-23 14:24
■Motoさん
>お味のレポートを読んでいても、まったく想像がつきません!
ふふふ。飲む時の楽しみが減るといけないと思いあえて詳しく書きませんでした。

>ビールとチーズケーキ???
日本人はピルスナースタイルが基本なので、つい餃子や唐揚げ、枝豆などを結婚相手に考えてしまいますが、実は甘いものに合うスタイル(デュッベルやバーレイワイン等)のビールもあります。

チーズケーキとの組み合わせは試してもらいたいところですが。。。
出張カフェをするしかないかなぁ?
Commented by taka-sare at 2009-04-23 14:36
■itachaさん
そうでした、itachaさんは確か飲まれないんでしたよねぇ。
(でも、苦手でも好奇心で一度はあれこれ飲んだ口ですか?)

>こういう類のビアーは製造法的には発泡酒なのかな?
コーヒービールは分類上「ハーブ・スパイスビール」と言われる所謂フレーバービールに属するのですが、仰る通り、日本では発泡酒扱いになります。これは違いますが、例え麦芽100%であっても同様です。

Commented by taka-sare at 2009-04-23 15:25
■まき子さん
色の薄いもの(ヘレスボックとか)もありますが、私もボックと聞くとどうしても濃い色をイメージしてしまいます。なので初めこの商品を知ったときは、色的には違和感がないなぁと思いました。

>そう来ると「うう~~~む?」とイメージがぐるぐるに
そうそう私もそうでした(笑)。でも飲んでみると、ボック特有のモルト香と深炒り珈琲の香味がマッチするのか、意外と普通?に感じました。多分このマンデリンが持つ、トロピカルフルーツ、ハーブといった香味が功を奏しているんじゃなかろうか、と個人的に思っています。

ちなみに、ボック(ハイアルコールのラガー)ベースだけあって、アルコール度数は6%と高めになっています。散々飲んだ後だったせいもあるのでしょうが、デザートだからと油断してたら結構きました(苦笑)

<< [信玄の隠し土産!?] [南米か] >>