9/2 肉会議

先日、我が家を襲った「肉食未遂事件@小海」。

その時に受けた心の傷は思いのほか深かったらしく(妻がね)。後日、いきなり「ステーキを食べに行こうよ!(地元に出来た店を偵察に行こうよ)」と言いだしたり。

心配になった私は、少しでも心の傷が癒されればと、件の店へ連れて行きました。

e0011761_10240719.jpg

しかし。

妻の心は少しも満たされる事はなく。かえって旨肉への思いを強くしてしまった模様。

これは重症化する前に手を打たねば。

という事で。

打ちました。

・・・

e0011761_10424508.jpg

先ずは、珈琲を飲んで気持ちを落ち着かせる。


e0011761_10381658.jpg

その一時間後「第?回 肉会議」スタート。

e0011761_10383411.jpg
春菊のサラダ。

肉会議の大事なアイテムです。

e0011761_10522919.jpg
マル秘肉。

何がマル秘か。それは…マル秘と名付けられているので…(笑)

e0011761_10384920.jpg

馬刺し〜。

傷、炎症には馬の肉が良いと言いますからね。
きっと心の傷にも。。。(笑)


e0011761_10391017.jpg
ポテサラ〜。
ブヒー。沖縄の豚、やっぱり旨し!

金八先生曰く「人って文字はですねぇ。肉と肉が支えあって出来ているんです」。

ベーコンに埋もれているポテト君(笑)
縁の下の力持ちですな。
e0011761_11020355.jpg

和牛ハツのたたき〜。

噛めば、ハッとしてギュー。

e0011761_10394457.jpg

牛ヒレ(山形産)。

添えられている生粒胡椒を先に噛みつつ、ヒレ肉を口内に放り込めば。。。もぉ〜旨味がギュウっと。。。アフターに来る胡椒の香りがまた、タマランチ元会長。

e0011761_10395957.jpg
エゾ鹿と生ラムの共演。

左に添えられた白トリュフを使ったカプセルと生粒胡椒。それと共に鹿肉を頬張ると。。。うーん。この味、シカと心に刻みこみました。一方のラムちゃんは、ただ若いだけではない感じで。旨味が濃いだっちゃ。添えられたパクチーペーストがまたね。

e0011761_10401502.jpg
ビール、ハイボールと継投し、喉が十分潤ったところで、赤き血に赤き液体を重ねる事に。

e0011761_11115032.jpg
腹の立たない命令口調ってのも、あるものなんですね(笑)


e0011761_10403088.jpg
目くるめく赤き肉の数々に、我が胸に刻まれし文字が浮かび上がる。

e0011761_10404600.jpg
バックストレートは、馬ヒレ肉で駆け抜ける。

e0011761_10410506.jpg
ちょっと前がかりになっていたのか。手綱を引くかの如く、店長よりガリ(自家製ジンジャーエールで使った生姜を利用して作ったとの事)の差し入れが。これがいい箸休めになり(笑)

e0011761_10412188.jpg
落ち着きを取り戻し視野が広がったからか。ここに来て、春菊のサラダ以来の野菜をオーダー(笑)。これがまた旨くてね。四分割されている事により、各部位の旨みや食感が楽しめるのがまた良かった。

e0011761_10413772.jpg
仕切り直しの後、ラストスパート。

味覚がクリーンになったお陰で、うちもも(黒毛和牛)の凝縮した旨味が存分に楽しめます。

e0011761_10420993.jpg
やはりホルモンは食べておきたいという声に応え、最後に塩ホルモン四種を。ギアラ、良い具合。

私は最後にジンで〆。

・・・

店を後にした後、珈琲が飲みたいねとの声。それではと、目の前にあるずっと気になっていたシブい喫茶店にでも。。。と歩を進めるも。「美味しい肉の後に味の保証が無い珈琲は飲みたくないなぁ」と妻より。

自分が言うのならともかく、よもや妻からそのコメントが出てくるとは。うーん、英才教育の賜物という事なのか。いやはや(笑)。仕方がないので河岸を変え。基準の範囲内に入るであろうお店にて珈琲を飲んだのでした。本日の会議の反省会をしながら。

何はともあれ、これで妻の心の傷は癒されたはず。店員もそれを感じ取ったのでしょうか。ラテアートに妻の思いを表現してくれたのでした(違)

e0011761_10422624.jpg



[PR]
# by taka-sare | 2017-09-03 10:23 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

久しぶりにドームとご対面

今年のお盆は(も)山小屋のお手伝いをしに行きました。という話は、この前したっけ(その時の話はまた別の機会にでも?)。

帰りの日は、諏訪の花火大会に加え、帰省ラッシュのピーク。と言うことで。渋滞を避ける為、峠を越え、途中で風呂に入り、夕飯を食べてからと、時間を使った後、関越周りで帰る事に。

雨降る中、峠道を走りようやく温泉に到着。流石にそれなりに混んではいたものの、これなら想定内。よし入るか!と思った矢先、目の前を団体客がゾロゾロ。んー、こりゃ諦めた方が無難だなと判断。食事だけして帰途につく事にしました。

e0011761_23275882.jpg
いざ夕食!と向かった先は、妻リクエストのお店。ちなみにワタクシ、この夏3度目のご対面です(笑)

右手にある精肉屋にいた主人に挨拶をして、さぁ焼肉屋の方へ!と思った矢先。。。

店主「あ、予約されてましたっけ?」
我々「・・・???」

刹那、頭が真っ白になる我々。その後、恐る恐る聞くと「田舎なんで、お盆ウィークは予約無いと厳しいんですよ」なる回答が。その言葉を聞いた途端「えぇ〜〜!」と悲痛な叫び声を上げながら、膝から崩れ落ちる妻(これマジです)。どうやら、想像以上に楽しみにしていた模様。ちなみにワタクシも、この夏3回連続食べられていませんから、それなりにショックでしたが、妻の落胆ぶりには勝てず(笑)

なので、励まそうとすると

e0011761_23282303.jpg

「同情するなら肉をくれ!」と言われそうな勢い。

こら何とかせねばいかんぞ!と、目の前に陳列されていた妻好物の千曲屋ローストビーフ(塊)を手にする私。懐事情からロットが小さめの塊を選びかけるも「いや、相澤すずを納得させるにはこれでは弱いか?」と思い。隣にあった大きめの塊を(震えならが)手にしたのでした。いやはや。

んで後日。

その日の事を話しながら、ローストビーフを堪能。これで、良い思い出として記憶に残ることでしょう!?

ちなみに私。より良い思い出にすべく、以前お店で限定メニューとして存在していた、ローストビーフ丼にして喰ってやりましたよ。作ったのはこの時以来。今回は中身のご飯をシンプルにして。いやー、やっぱりうんま〜〜い!今度は、うますぎて、牛すぎて膝から崩れ落ちたのでした。

e0011761_23283589.jpg

[PR]
# by taka-sare | 2017-08-24 23:21 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

美味しい思い出は、忘れた頃にやってくる

毎年恒例の「年度末お疲れ様会 我が家編」の備忘録。

今年はバタバタしていて、結局、開催したのは4月半ば。
で、5月の今に書いていると(苦笑)

・・・

このお店を訪れるのは今回で2度目。
韓国料理屋では珍しい、オール無化調料理です。

オーガニック!無化調!と謳うのはいいけれど、肝心の味が。。。というお店は決して少なくありませんが、こちらはさに非ず。全てに品があって美味。無化調以前に、調味料に甘え過ぎていない滋味溢れる味付けに、素材愛や料理愛を感じます。複雑なんだけど透明感があるんだよなぁ。そこが好印象。


e0011761_11400273.jpg
牛すじ大根。

味付けの塩梅が素晴らしい。
お通しからいきなりレベル高し。

e0011761_11400389.jpg
ナムル。

優しいなぁ。

e0011761_11400331.jpg
サラダ。

見た目普通なサラダ。でもセロリの香りがアクセントになっていて、味覚が目覚める。ドレッシングは薄口醤油ベース。

e0011761_11404688.jpg
センマイ。

フレッシュ。
夏の扉を開けて、私をどこかに連れて行って。

e0011761_11404725.jpg
タレは2種。

塩ごま油と爽やかなタレ(柑橘ベース?)。
両者とも美味。

e0011761_11404778.jpg
食中酒はマッコリで。

e0011761_11404839.jpg
甘さ控えめで飽きがこない。
松の実入りなところも嬉しい。

e0011761_11404867.jpg
各部位が入るというメニューをオーダーすると、塩胡椒とタレ、どうされますか?と。こちらで肉を食べるのは初めてだったので、おまかでお願いする。すると「まずは塩胡椒から」と、こちらのお皿が提供されました。

e0011761_11404988.jpg
塩胡椒シリーズはカボス液がオススメですとのこと。そう言われたら、試さずにはいられないワタクシ(笑)なるほど、レモンだと強すぎるというかストレートすぎるのかな。

e0011761_11405027.jpg
次にタレシリーズ。

なるほど、これに限らずこちらのお店は、いたずらに甘さに頼らないんだな。提供するすべての料理が透明感に溢れています。


e0011761_11405070.jpg
つけダレはコチュジャンベース?
これもまた、複雑な味の構成なれど一切のくどさナシ。

e0011761_11405162.jpg
タンもと。厚切りか薄切りかを選べるのが面白い。焼きに自信がある方は厚切りでいきましょう。

e0011761_11405205.jpg
海鮮チヂミ。

焼き方、タレの美味しさ、個人的には全てがパーフェクト。

e0011761_12162860.jpg
最近、節制しているのでそろそろ腹の塩梅が。。。
ということで、シメはハイボールで。

e0011761_11453759.jpg
と思ったけれど、気になったので、お店こだわりスープを使った冷麺を追加オーダー。でも残念ながら牛スープ版は売り切れとのこと。んー、残念。お店の方から「よろしければ鳥スープ版は出来ますよ」と言われたので、これも良い機会だと思いそちらをオーダー。

透明感たっぷり。でも、これは冷麺スープではなくスープそのもので頂いた方が良いかなと。

・・・

全てにおいてクリーンな香味で上品。一切のもたれ感なし。なので、こってり系やキャッチーな味付けが好きという方には、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。自分は、この感じ好き。他ではなかなか味わえないので、また訪れると思います。

e0011761_11453861.jpg
帰宅前に、恒例の場所で。
この日は暑かったので、珍しくレーコーを。


[PR]
# by taka-sare | 2017-05-05 13:26 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

賞味期限が過ぎたCDが届く

e0011761_11343571.jpg

昨日、忘れかけていた包みが届く。
発送元は英国。

そう、ちょいと前にCDを注文していたのでした。

この前ラジオを聞いていたら、気になる曲が流れまして。その曲名は「ANDANTE FESTIVO」。シベリウスの作品でした。

シベリウスは結構好きな作曲家で交響曲全集も持っていますが、この曲を聴くのは今回が初めて。割と聴いている方だと思っていたけれど、いやいや。改めて、音楽の世界は広く深いと思い知りました。

で、早速この曲が入っているCDをネットで検索。

あるにはあった。けれど、至って少ない。その中で、これならばと思ったのは、ラジオでかかっていた物と同じ、このアルバムでした(既に廃盤)。

BISレコードは置いてあるショップが少ないから、タワレコや山野に足を運んでも在庫は無いかもなぁ。

時は金なり。

という事で、ネットでポチッとな。

えぇ、買わないのが一番お金が無くならないんだけどね(笑)ま、CD買うの久しぶりだし、出張三昧でストイックな生活を送っていたから、たまには良いよね。

そんなわけで、昨日は引きこもって音楽鑑賞。

e0011761_11350950.jpg

シベリウスはやっぱり素晴らしい。
バンスカ指揮の演奏も素晴らしい。

惜しむらくは、荷が届くのが遅かった事か。
やはりシベリウスは寒い日が似合うからね〜。

明日、最高気温が3℃位にならないかな(笑)

[PR]
# by taka-sare | 2017-04-14 11:33 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

季節は移ろう

日曜日
早朝、コチドリの鳴き声で目が覚める。
今シーズン初確認。

その日の午後から雪国行脚。

e0011761_14545008.jpg

月曜日
朝、抜けるような青空。天空から次々にハクチョウ達の声が降り注ぐ。午後には、ミヤマガラスの群れが。頭上で旋回を繰り返したのち、北の空へ。

火曜日・水曜日
雪と霰と雨が混ざり合う。
夜から新たなエリアへ移動。

木曜日
曇りと吹雪の繰り返し。
昼過ぎ、ほんの刹那、陽光あり。
日差しの暖かさに心が解ける。

金曜日
朝から深々と雪が降る。
その後、曇りと雨と霙と。
時々、吹雪。
風は肌を刺すように冷たい。

そんな中、モズがミソサザイの囀りをモノマネ。

一年に何度かある、鳴動するかの如くおおきく季節が移り変わる時。

今週はまさにその時だったかもしれない。



[PR]
# by taka-sare | 2017-03-25 14:50 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

視界良好


e0011761_12452890.jpg

昨年、老眼の兆候が現れた(正確には自覚した)。

ま、いっか!と暫くはスルーをしていたのだけれども、
超遠距離から超近距離まで目を使う仕事柄、そうも言ってられなくなり。近所の眼鏡屋に駆け込み、遠近両用の眼鏡を作ったのでした。

遠近両用って、あの上下でレンズの違いがわかるやつでしょ〜〜?と敬遠していたけれど、さにあらず。最近のヤツは言われなきゃ…ていうか、言われても分からない作りなんですねぇ。

遠近両用眼鏡の効果を最初に感じたのは、デジ一で写真を撮った時かな。撮影後、液晶で画像を確認する度、いちいち眼鏡をずらしていた、あのメンドーな行為が必要無くなった時には、ちょっと感動したもんです。同時に、もっと早く導入するべきだったなぁと。


e0011761_12454402.jpg

ところが。

今年に入り、再びハッキリ物が見えずらくなる。

視力が下がったか、それとも老眼が進んだか。いや、でも…と考えてみると、なんて事は無い。パッドの部分が広がり眼鏡のポジションが下がり気味になっていたのが原因でした…(^_^;)

という事で、近所の眼鏡屋へGO!
事情を話すと、店員は静かに微笑み調整に。で、調整後の眼鏡をかけてみると…うぉっ、こりゃ別の眼鏡みたいだ!

e0011761_12462427.jpg

イメージとしては、さっきの写真がこんな感じに。いやほんと!

初めて使ったから直ぐに考えが至らなかったけど、確かに2種類のレンズが使われているからねー。遠近両用はレンズ位置のズレが、ここまで見え方に影響するんだなぁと、あらため。今度からは、見えにくくなったら直ぐに調整してもらいに行こうっと。


[PR]
# by taka-sare | 2017-03-18 12:45 | 雑感 | Comments(0)

PINGPONG 狂想曲

古き友人の子供たちの間で、卓球が流行っている。


リオ五輪での日本勢のパフォーマンスは確かに胸が熱くなるものがあった。

中国勢の超絶的な攻防は影響されるのに十二分だった。


が。


彼らは、五輪前からハマっていた。
そして、五輪を機に花が開いた。


そんな感じである。


まぁでも、さすがにオリンピックが終われば熱は冷めるだろう。

そもそも、家のテーブルを利用した、ローカルルール全開の特殊な卓球だし。

そうタカを括り、静観していたワタクシ。

しかし。。。


彼らの情熱は、衰えるどころか、むしろ増す一方だった。


その熱は次第に周囲の大人へ伝わり火となった。

その火は、子供の頃、卓球クラブだったという我が妻にも燃え広がり。ついには大きな炎へとなった(笑)こうなると、その炎が経験者である私を焦がすのは避けられないわけで。。。(^^;)


そんなわけで。


妻が公共の施設に予約を入れ、友人家族と共に卓球をすることに。

ちなみに。友人(その子供達の父親)は、卓球には気持ちのいいくらい一切興味を持たずノータッチ(笑)


適材適所。


友人が大事にしている言葉である(笑)


帰宅後、インターネットでラケットを物色している自分がいた。

とてもザンネンである(笑)


(以上、Facebookの過去記事より抜粋・一部補筆)


・・・


それからしばらく経って。


専門ショップでラケット&ラバーを買っている自分がいた。

とても残念である(^^;)



e0011761_18291908.jpg
ラケットとラバー、四半世紀以上ぶりに購入ですよ。

浦島太郎状態なので、店員に相談。
せっかくなので、新商品に手を出してみた。


e0011761_18331508.jpg
友人家族と、時に、妻とマンツーマンで。


久しぶりにやってみると、おぉ、故障気味の体にも負担が軽く割といい運動になるではないですか。本来運動に興味のない妻が盛り上がっているので(YouTubeで色んな動画を漁って勉強してるし!笑)、老後までゆるりと楽しむとしましょうか。



この動画、海外でウケているんだとか。
アホ内容の中に、卓球あるある的なマニアネタが結構混ざってます(笑)



[PR]
# by taka-sare | 2016-11-28 11:10 | スポーツ | Comments(0)

カメムシの季節

e0011761_22253785.jpg
アカスジキンカメムシ・五齢幼虫
(クリックすると大きくなります)


匂いはアレだけど、昆虫の中でも美しさはピカイチなカメムシくん。
こやつはその中でも、トップクラスかもしれない。
成虫の姿は特に。

さておき。

知らぬ間にザックや車に侵入され、家の中に持ち込んでしまわぬよう、気をつけねば。

な、季節になりましたなぁ。

・・・

パクチー好きは、カメムシの出す臭いが気にならないってホント?


[PR]
# by taka-sare | 2016-10-23 22:34 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

君の名は?



e0011761_14173412.jpg

話題の「君の名は。」

読みました。

気分的に映画館で見る程ではないかなぁと言っていた妻が、小説を買ってきたので。

・・・

なるほど、こういう内容だったのか。

折角なので、テーマ曲になっているこちらをかけてみる。
なるほど売れているだけあって、話にリンクした歌詞だね(笑)


最初は Don't you know? 偶然だが
I need you 愛してるよ
も一度 What's your name? 恋はいつも
I need you 礼儀しらず



[PR]
# by taka-sare | 2016-10-15 15:26 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

広島東洋カープ、25年ぶりに優勝を決めた日



e0011761_10330883.jpg
9月10日。私は後楽園駅へ向かいました。
何をしに?



e0011761_11274644.jpg
そりゃー、この日に後楽園と言ったら。。。言わずもがなでしょう。



e0011761_11282858.jpg
そう、こちらの2周年を祝いにです(笑)



e0011761_14364109.jpg
天気が崩れるからか。この日はどうにも蒸し暑く。
まずはビールで喉を潤す。

もしかすると、町中に溢れる鯉に恋する方々の熱気も手伝っていたかもしれない。



e0011761_11283307.jpg
<前菜盛り合わせ>

赤エビのマリネ
インゲンと玉ねぎのサラダ
ウニのブルスケッタ
レモンのサラダ



e0011761_11283737.jpg
<ミニスープ>

乾燥そら豆のズッパ

安定安心の滋味。美味いなぁ。


e0011761_14340025.jpg
<町(白山)の巨匠>

巨匠自ら提供するは、2周年記念のプレゼントという
「イワシのパン粉焼き エオリア風」でございます(9/11まで)。

ちなみに、エオリアと聞くと、どうしても「風のエオリア」を思い出してしまう私がいます。。。



e0011761_11284676.jpg
この爽やかな香味は、シチリア屋ならでは!



e0011761_14362071.jpg
そりゃー、ワインが欲しくなるというものです。

前日、かなり遅くまで飲んだにも関わらず(^^;)



e0011761_11290050.jpg




e0011761_11290414.jpg
<前菜:カポナータ(妻)>

シチリアと言えばのナスのカポナータ。
塩漬けケッパーやアーモンドなどが豊かで複層的な風味を構築。
なれど、風味は爽やか。美味いなぁ。

カポナータ好きの妻、かなり気に入っていました。

確かに。これは真似したいなー。



e0011761_11290790.jpg
<前菜:自家製サルシッチャとビエトラ(私)>

ビエトラは「フダンソウ」の事。
これを少量のトマトとクタクタになるまで蒸し煮するのだそう。

ホウレンソウの赤い部分やモロヘイヤのような野趣(大地の風味)が少々あり
サルシッチャと食べると、良いアクセントになります。



e0011761_11291153.jpg
<パスタ:イカスミのメッツィパッケリ(私)>

イカの切り身のように見えますが、これはパスタです。
イカスミのソースとチーズの塩梅が絶妙。
そしてこのパスタとの組み合わせがまた良くて。

これはたまりませんなぁ。

前の日に飲み過ぎていなかったら、間違いなくワインをお代わりしていましたよ。
くうっ。


e0011761_11291662.jpg
<パスタ:イワシとフィノキエットのブカティーニ(妻)>

イワシとフィノキエットの素敵な組み合わせ。
そして穴あきの太麺がまたね。

いやしかし、フィノキエットは偉大だ。


e0011761_11292124.jpg
普段、昼ごはんは少なくしているので、思いの外お腹がいっぱいに。
なので、ドルチェは頼まずエスプレッソで〆。



e0011761_11292993.jpg
飛べないただの豚にならぬよう。



e0011761_14360737.jpg
帰り際に、大下シェフが懇意にしている備前焼の作家さんである、木村肇さんがご来店。しばし、お話しする機会を頂き。さらに、無茶を言って記念撮影をもさせて頂く。お店にあった備前焼の作品を持って頂くのが本来なのでしょうが、おそらくそのカットは数多く撮られているだろうと思い。シチリア屋が縁で知り合った事が一目で分かる1枚を撮らせて頂いた次第です(ご協力、ありがとうございました・笑)。

ちなみに。

このパスタは先ほど出てきたブカティーニ。

なんと、こんなに長かったとは!

・・・


美味しく楽しい時間をありがとうございました。
今回もシチリア屋を堪能しました。

是非、例の願いを叶えてくださいませ。
密かに、かつ、本気で楽しみにしていますので!(笑)

e0011761_11285651.jpg



[PR]
# by taka-sare | 2016-09-11 17:45 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)